MENU

視力回復にサプリが良い?

急激な視力低下、片目だけの視力低下、など、変な視力の落ち方を経験する人が多いです。これは目の酷使によるもの、つまり、疲れ目やピント調節機能の低下、などが原因に挙げられます。特にスマホの急速な普及により、1日中小さな画面を通して"見る"ことが多くなり、若者を含む現代人の目の疲労と老化が問題視されています。

 

目の疲労からくる視力低下には、
  • アントシアニン
  • ルテイン
  • βカロテン(ビタミンA)

 

などの補給が効果的です。毎日の食事からの摂取が理想ですが、手軽に一定量を摂れるサプリがおすすめです。当サイトは、そんな有効成分を配合したアイケアサプリを紹介しています。どうぞ参考にしてください。

 

視力回復サプリランキング

 

めなりの特徴

めなりは、視力の回復・維持に効果的なβカロテンを含むアイケアサプリメントになります。βカロテンを筆頭に、アントシアニンたっぷりのビルベリーエキス、目の老化を防ぐルテイン、ピント調節を助けるアスタキサンチンなどの有効成分を配合しています。贅沢成分高配合なのに1日あたり約33円から始められるのが魅力です。当サイトより30日分が980円から購入できます!

価格 980円
評価 評価5
備考 ビルベリーエキス・ルテイン・ゼアキサンチン・βカロテンほか

 

 

北の国から届いたブルーベリーの特徴

北の国から届いたブルーベリーは、アントシアニンを1日分に60mg含有したサプリメントになります。1袋に約1800個分のブルーベリーエキスを凝縮。それだけに非常に濃いアントシアニンが含まれます。また、ルテインやβカロテンなどの視力の回復や維持にも役立つ成分も配合!目の疲労感・ピント調節機能低下の緩和作用が確認された機能性表示食品です。

価格 2160円
評価 評価4.5
備考 アントシアニン・βカロテン・ルテインほか

 

 

えんきんの特徴

えんきんは、ファンケルが販売する今人気のピント調節サプリメントになります。ルテイン・アスタキサンチンといったピント調節機能を助ける成分のほか、目に良いDHA・シアニジン-3-グルコシドなども含まれ、疲れ目が原因の肩・首のこりも軽減します。

価格 1000円
評価 評価4
備考 ルテイン・アスタキサンチン・DHAほか

 

視力低下の原因はなに?

 

視力が低下することには、いくつかの原因があります。代表的なものを3つ取り上げながら、解説していくことにしましょう。

 

1つ目は、長時間に亘って目を酷使することです。代表的な例としては、パソコンやスマートフォンを長時間使用したり、細かな文字が書かれている書籍を読むことなどが該当するでしょう。

 

途中で目を休ませるようにしないと、ピントを合わせている目の筋肉が疲労して硬直するのです。その結果、筋肉が衰弱して視力が低下していきます。

 

2つ目は、栄養不足です。バランスが乱れた食生活を続けていると、視力が低下するといわれています。ビタミンAは鳥目になりやすいことがありますし、ダイエットでビタミンが不足していると、目が疲れやすくなったり、視力が低下することがあるのです。

 

3つ目は、ストレスです。症状が深刻化していくと、心因性の視力障害を発症することがあり、視神経や眼の組織などに異常がないにもかかわらず、視力が低下することがあります。

 

これは、脳がストレスを感じていることから発症する病で、自律神経が不安定になることが原因とされているのです。

 

このように、視力の低下の原因といっても多岐に亘ります。1つの原因で視力が低下しているわけではなく、いくつかの原因が重なって視力低下を招いていることがあるため、原因を特定して対処するようにしましょう。

 

また、視力の低下に気付いたときには、症状がかなり進行しているケースが多いといわれています。生活習慣や食生活の見直しを行いつつ、十分な休息を取るようにしましょう。

 

視力低下はこんな症状に注意!

 

網膜にある神経線維は、その半数の機能が失われたとしても視力の低下に気付かないといわれています。なぜなら、脳が見え方を調整してしまうからです。

 

とはいえ、視力が低下する際は、必ず何らかのサインがあるといわれています。今回は、特に気を付けたおきたい、視力低下が始まったときの症状について解説していくことにしましょう。

 

まず1つはドライアイです。パソコンやスマートフォンなどを使用する頻度が高いと、無意識のうちに瞬きを忘れてしまいがちとなります。

 

また、夜型の生活をしていたり、不規則な生活をしていると、涙の量が少なくなってドライアイとなることもあるのです。その結果、視力が低下していきます。

 

2つ目は、疲れ目です。目が疲れてくると、ものが二重に見えるなどしてピントが合わなくなることがあります。本来であれば、この段階で目を休ませてあげないとならないのですが、そのまま酷使し続けることで、目の周りの筋肉が疲労し、視力が低下していくのです。

 

3つ目は、かすみ目です。目が疲れてくると感じるようになる症状の1つですが、放置していると乱視や遠視などの視力低下につながります。

 

また、コンタクトを長時間装着していることで、目がかすむこともありますが、放置すると角膜が傷ついて視力低下の原因となるのです。

 

この他にも、エアコンや暖房の風によって目が乾燥したり、目に違和感を感じるようになったときも、視力の低下が始まっていることがあります。数日様子を見ても症状に改善が見られない場合は、早めに眼科へ行くようにしましょう。

 

視力回復するには?

 

近年は、様々な視力回復方法が推奨されています。そのため、以前とは違って視力は回復できると認識されつつあるのです。

 

いくつかの方法がありますが、今すぐ取り組むことができる方法は、目を休ませることだといえます。現代はスマートフォンやタブレット端末などの普及が加速化したこともあり、年齢を問わず目を酷使しがちです。

 

そのため、一定時間目を酷使したら、遠くを見るようにしたり、目を温めるなどして休息を取ることが大切だといえます。

 

ものを見る際は、目の筋肉と脳の認識力を使いますが、このどちらも視力に大きく関わってくる能力ですので、定期的に休ませることが大切です。

 

また、ある程度視力が低下している場合は、手術をすることで回復させることもできるでしょう。ここ数年で、レーシックによる視力回復が注目されるようになりましたが、半永久的に視力を取り戻すことができるため、手術を受ける人が増えています。

 

高額な費用がかかったり、後遺症のリスクはありますが、短期間ですぐに効果を実感することができますし、安全性も高まっているため、試してみる価値はあるでしょう。

 

しかし、それでも後遺症が心配である場合は、アイトレーニングを取り入れて視力回復を図る方法も有効です。主に、毛様体筋、外眼筋、虹彩筋を鍛えることになります。

 

それから、視力が低下している際は、目の周りの血行が滞りがちですので、血行を促進することで視力回復につながることがあるでしょう。視力の低下は、緩やかに訪れるものです。異変に早く気付き、対処するようにしましょう。

 

視力回復に効果的な栄養を摂る!

 

 

視力回復に効果ががある栄養は、たくさんあるといわれています。一般的には、今回は各栄養素について解説していくことにしましょう。

 

・アントシアニン
ブルーベリーなどに含まれている栄養素です。眼精疲労解消に適しており、視覚情報の伝達をスムーズにする効果が期待できます。

 

・ルテイン
ほうれん草やブロッコリーなどに含まれている栄養素です。飛蚊症や目の老化などを防ぐ効果が期待できます。また、水晶体や網膜の健康を維持する上でも欠かせません。

 

・ビタミンA
レバーやうなぎなどに多く含まれています。涙の生成に関わる栄養素ですので、ドライアイの予防にも最適です。

 

・ビタミンB群
B1、B2、B6、B12が該当します。目の周辺にある筋肉の疲労回復、視神経の安定化、粘膜の強化、水晶体のケアに役立つ栄養素です。B1は大豆や豚肉、B2はうなぎやサバ、B6は鶏肉や小麦胚芽、B12は牡蠣やにしんなどに多く含まれています。

 

・ビタミンE
抗酸化作用が高いビタミンとして知られています。血行促進や疲れ目、老眼の予防に最適です。主にかぼちゃやほうれん草などの緑黄色野菜、いか、かずのこなどに多く含まれています。

 

・亜鉛
視神経の正常化に役立つ栄養素です。牡蠣、たまご、牛肉などに多く含まれています。亜鉛は、食品から摂取しづらい栄養素ですので、サプリを活用すると良いでしょう。

 

・DHA
近年盛んに活用されるようになった栄養素の1つです。視神経や網膜細胞の正常化、近視の改善に役立てられています。青魚であるサンマ、マグロ、イワシなどに含まれている栄養素です。

 

視力低下予防に!アイケアサプリがおすすめ!

 

 

視力を矯正したり手術を受けることでも、視力を回復させることは可能です。しかし、アイケアに最適な栄養素を摂取することで、視力を回復させることもできるでしょう。

 

特に活性酸素の影響や、疲れ目、目の乾燥などが原因で起こる視力低下は、抗酸化作用が期待できるビタミンなどの摂取によって、視力低下を食い止めることができるといわれています。

 

一言で視力の低下といっても、原因は様々ではありますが、目の周辺にある筋肉の疲労を回復させたり、目に関連する細胞を活性化させたり、血行を促進させて視力低下を予防することは、難しいことではないのです。手術することで視力低下を食い止めたとしても、視力低下の原因が取り除かれていない場合、いずれまた視力は低下してしまいます。

 

また、目の周辺の組織や機能、筋肉を正常化させるためにアイトレーニングを続けた場合も、十分な栄養補給が出来ていないと効果は半減してしまうものです。そのため、手軽に始めることができて、継続しやすいアイケアサプリの活用は視力低下予防に最適だといえるでしょう。

 

例えば目が疲れてくると、網膜に存在するロドプシンという色素が減少し、視力低下を招くといわれています。アイトレーニングでは、ロドプシンの減少をすぐに食い止めることは困難です。そんなとき、アントシアニンと呼ばれる栄養素をサプリから摂取すると、ロドプシンの活動をすぐにサポートすることができます。

 

つまり、アイケアサプリは、その他の視力回復方法と組み合わせることで、更に視力低下を防ぐことができるアイテムでもあるのです。

 

視力回復サプリランキング第1位は?

更新履歴